個性が光るデザイナーズマンションに住む意義

メンズ

賃貸での暮らしとは

一家

賃貸住宅は日本人の生活スタイルに適していることもあり、多くの人が賃貸物件で暮らしています。初期費用などが購入する場合に比べて少なく、引越しなども容易です。また近年では敷金や礼金もなく、保証人不要で入居できる物件も増えています。

詳細を確認する

備え付けの家具や家電

部屋

家具家電付きの賃貸住宅では、日常生活でよく使う家具や家電が備え付けとなっています。新しく買い揃える必要がないため、入居時の費用負担が少なめとなります。ただし、壊さないように気をつけて使用することが大事です。また既に破損していることもあるので、その場合は大家への連絡や証拠写真の撮影が必要となります。

詳細を確認する

こだわりの賃貸に住む

木のブロック

常識にとらわれない空間

日本の賃貸マンションというと、多くの人がある統一したイメージを思い浮かべます。すなわち外廊下に面した玄関を入るとキッチンや浴室が両側に並び、ダイニングルームを抜けると奥の突き当りがリビング、そして掃き出し窓の外が小さなバルコニーという構造を基本として、あとはこれに多少のバリエーションが加わるという形式です。しかし中には、こうした当たり前の間取りにとらわれない、自由な発想によって設計されたマンションもあります。それがデザイナーズマンションです。デザイナーズマンションに対する明確な定義はありませんが、一般的には建築デザイナーのコンセプトや遊び心が前面に出されたマンションと理解されています。ありきたりの物件にはない、個性的な空間づくりが魅力となっています。

建材選びにも個性が光る

デザイナーズマンションは、従来は分譲物件、しかも新築の高級分譲物件においてもっぱら見られるものでした。しかし最近では中古マンションが付加価値をつけるためにデザイナーに依頼し、大胆なリノベーションを施すケースも増えています。元が中古物件である分、比較的リーズナブルな家賃水準でもユニークな物件を見つけ出すことができます。デザイナーズマンションは個性を身上とするだけあって、特徴は物件の数だけ存在します。間取りも広大なワンルームがあるかと思えば各室が放射線状に並んでいたりとさまざまです。また、クールなコンクリート打ちっ放しもあれば自然そのままの無垢材のフローリングもあるなど、建材にもこだわりが見られます。デザイナーズマンション専門の賃貸情報サイトなどを利用すれば、そうした物件の数々を探し出すことができます。

周辺環境の下見

集合住宅

広島で人気の居住エリアは、駅の近くや街に近い場所です。広島で賃貸物件を探すときは必ず昼の夜の2回に分けて下見をして、駅からどのくらいの距離がかかるのか、周辺環境が騒がしくないかどうかをチェックしておきましょう。

詳細を確認する